AI受託研究開発事例

機械学習による人の軌跡データを用いた異常検知

 

スマートフォンの普及により人の軌跡データ(GPSデータ)の収集が容易になっています。しかしGPSデータは1つの点だとほとんど意味を持たず、GPSデータが蓄積され軌跡データとなることで大きな意味を持つようになります。これら軌跡データは膨大で扱いにくく分析しにくいという性質があります。AsuIshinは扱いにくい軌跡データの分析に長けており、軌跡データの分析を行い機械学習技術を用いて軌跡データの異常を検知するプログラムの開発を行いました。

軌跡データのマップマッチング

GPSデータには誤差があり、そのままのデータを利用すると間違った位置情報を元にシステムやアプリが動作してしまい思ったような動作にならない場合があります。マップマッチングというのは、GPSなどで取得した位置情報を用いて、 ある時点で移動者がどの経路を利用しているのか、 あるいはその経路上のどこにいるのかを推定する技術です。AsuIshinの位置情報分析技術を元に、最新の論文等の調査を行いマップマッチングプログラムの開発を行いました。